ケアマネージャーマインド

ケアマネージャーの名刺交換

ケアマネージャーの名刺交換

(1) 名刺はすぐに出せるようにしておきましょう。

 

挨拶をするときになって名刺を探すことがないように、
名刺入れはすぐに鞄から取り出すことができるようにしておきましょう。

 

(2) きちんと名乗りましょう。

 

「まず、ご挨拶をさせてください。」といって、
名刺入れから名刺を取り出します。

 

名刺入れは左手に持ち、名刺を相手に向けて右手で持ち、
「○○居宅介護支援事業所の○○です。
よろしくお願いします。」と名乗りながら名刺を差し出します。

 

(3) 相手の名刺は両手で受け取りましょう。

 

相手の名刺は、両手で受け取るのが基本です。

 

「頂戴いたします。よろしくお願いします。」といいながら受け取ります。

 

もし、相手も同時に名刺を差し出してきたときは、
相手の名刺よりも下に自分の名刺を差し出しましょう。

 

相手に名乗ってもらったらお互いに名刺を右手で出し、
左手に持った名刺入れの上に乗せるように受け取ります。

 

(4) 受け取った名刺はテーブルに置きましょう。

 

挨拶した場所が相談室のようにテーブルのあるところであれば、
名刺交換の後に着席し、名刺入れをテーブルの端に置き、
その上に受け取った名刺を乗せて置くようにします。

 

(5) 話し合いが終わったらお礼を言いましょう。

 

名刺をしまうことが話し合いの終了を意味します。

 

話が終わったら名刺をしまい、「本日はありがとうございました。」とお礼を言いましょう。

 

* 相手が複数の場合

 

相手が複数の場合は、名刺交換は目上の人から行ないます。

 

その際は、二番目に挨拶する人への挨拶は自然に簡単になるので、
「よろしくお願いします。」とだけいって名刺を差しても良いです。

 

複数の人と話すときは、名刺は相手の並んでいる順番にテーブルに並べて置きます。

 

名刺は自分の名刺入れの上に乗せてテーブルに並べます。

 

話し合いの最中は、その名刺を確認し名前の呼び間違い等をしないように気をつけましょう。

 

* 名刺の名前が読めなかったら

 

頂いた名刺は、なくさないように大切に保管します。

 

名刺を頂いたとき、相手の名乗った声が聞き取れなかったり、
名前の読み方が分からない場合は、遠慮せず「申し訳ございません、
どうお読みしたら良いのですか?」と聞きましょう。

 

むしろ、聞いたほうが、それがきっかけとなり、
相手との会話が生まれることもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ